キリスト教科学 聖書教課

Japanese Bible Lesson Cover

聖書がキリスト教科学の核心を成すものです。キリスト教科学の創始者、メリー・ベーカー・エディは、子供のときに直感的に聖書にひかれ、大人になって聖書を集中的に学ぶようになりました。こうして学んでいくうちに、彼女はの癒しの力を発見し、自らこの力を体験しました。そして、この体験によって、彼女は、ますます聖書を深く追求するようになり、聖書が持つ霊的意味を理解し、遂に『科学と健康-付聖書の鍵』の執筆へと導かれました。聖書と『科学と健康』が一緒になって、キリスト教科学の教会の牧師となっています。

キリスト教科学者は、エディ夫人の聖書の勉強の力強い模範にならって聖書を学び、この本が持つ霊的真理を探究します。『キリスト教科学クォータリー』に提示されている聖書教課は、この勉強の重要な要素です。毎週、聖書と『科学と健康』からの関連した文で構成されている新しい教課が示され、人々が日々直面している問題、例えば病気や、けがをはじめ、金銭的な問題、人間関係、その他さまざまな問題が、聖書が例証するの法則によって対処され、癒されることを示しています。聖書教課から学んでいることが自分の身近な問題を具体的に助けてくれることを知ると、人々は、聖書教課のなかで見いだす霊的真理は、さらに犯罪、環境問題、その他の世界が抱える問題にも有効に働くことに、自然に気付くのです。

聖書教課を学んできた一週間の終わりに、その教課が世界中のキリスト教科学の教会で、日曜礼拝の説教として朗読されます。この聖書教課を、一週間を通して深く学び、またこの教課が示す考えを活用してきたことに根ざす理解と霊感をもって、この教課に耳を傾けるとき、それは出席者すべてを包み、すべての人に益となる癒しの雰囲気が作り出されます。この教課はまた、キリスト教科学の日曜学校でも勉強の中心をなす部分となっており、青少年たちは、日曜学校で、霊的法則をどのように自分自身の日々の生活に適用して自分の助けとするばかりではなく、周りの人々にも役立つ方法を学びます。

『キリストクォタリ』は、ご自分で聖書課を勉するために必要なすべての情報を含んでいます。

聖書、メリー・ベーカー・エディ、『科学と健康』、キリスト教科学の教会の牧師、日曜の説教、日曜学校について、さらに学び、そしてまた、どのようにキリスト教科学が個人的な、また世界が抱える問題を癒すことができるかなどをお知りになるためには、ChristianScience.com にアクセスしてください。